2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 第7回伊豆急全線ウオーク3(小田急線) | トップページ | 第7回伊豆急全線ウオーク5(熱海駅) »

2010年12月10日 (金)

第7回伊豆急全線ウオーク4(小田原駅)

2010_564_small

 本厚木からは先はだんだん下車客も多くなってきて、空席も増えてきた。渋沢から新松田にかけては雪を頂いた富士山も見えてきた。東京あたりで見る富士山とは比べものもなく大きい。

 ところで気がかりなことが一つある。成城学園前駅で車内清掃をしたのと本厚木駅での忘れ物捜索の影響で、この電車は3分遅れで運行しているのだが、小田原駅での乗換えが当初の予定では5分しかないのだ。

 新松田駅を3分遅れで発車し、次は終点の小田原だ。ところが、この急行は遅れを取り戻す気配もなく、ゆうゆうと走っている。小田原駅に進入するとき、東海道線のホームにこれから乗るべき列車が同時に進入するのが見えた。急げば間に合いそうだ。ところが、こちらが小田原駅に進入するとき、最徐行する感じで入線したので4分遅れでの到着になった。

 幸い階段の近くに停車したのでダッシュで駆け上がり、自動改札をピッとタッチし、JRのホームへ駆け足で向う。私を追い越していく年配の人もいる。同じ列車に乗るのだろう。

 JRの改札を抜け、エスカレーターを駆け下りる。電車のドアは発車時刻を過ぎているにもかかわらず、まだ開いている。私の前には二人駆け下りている人がいるので、その人たちが滑り込めば私もおこぼれに預かって間に合うだろうと期待したのもつかの間、前の二人の直前でドアが閉まってしまった。小田急線でゲロを吐いたヤツのおかげで、まじめに鉄道に乗っている人間が乗り損ねたわけで急に腹が立ってきた。

« 第7回伊豆急全線ウオーク3(小田急線) | トップページ | 第7回伊豆急全線ウオーク5(熱海駅) »

伊豆急全線ウオーク」カテゴリの記事

コメント

JRもささやかな気遣いで、ほんの気持ちだけ待っていてくれたのでしょうか。残念でしたね。

話は違いますが、来年1月7日公開の暴走列車映画「アンストッパブル」が、鉄道員の話で面白そうです。実話の映画化だそうですよ。

もっと足腰を鍛えて、速く走れるようにがんばらねば・・・
ところでスリリングで面白そうな映画ですね。なんとなくストーリーは想像がつきますが、見てみたくなりました。貴重な情報ありがとうございますm(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第7回伊豆急全線ウオーク4(小田原駅):

« 第7回伊豆急全線ウオーク3(小田急線) | トップページ | 第7回伊豆急全線ウオーク5(熱海駅) »