2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 是政駅 | トップページ | 国立駅てぬぐいとピンバッジ »

2010年11月12日 (金)

学園都市開発と幻の鉄道展

Img_0099_custom

 南武線矢川駅から徒歩10分ほどのところにある「くにたち郷土文化館」で開催されている「学園都市開発と幻の鉄道」展に行ってきました。

 国立は昭和の初期に開発された学園都市ですが、街の発展の様子と幻となった鉄道敷設計画の展示会です。

 箱根土地の堤康次郎が開発した国立は、駅舎を中心に発展してきました。当時の航空写真がありましたが、道路以外は雑木林という姿で、今からは想像もつかない様子です。

 そんな国立の街にいくつかの鉄道の計画がありました。今の大学通りの真ん中を、京王線の府中駅から新設の路線を通す計画や新宿・立川間を結ぶ鉄道などです。いずれも不況などで実現しなかったのですが、これができていたら国立はどんな街に変わっていたのでしょう。

 11月29日までの開催なのでお早めにどうぞ。

« 是政駅 | トップページ | 国立駅てぬぐいとピンバッジ »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学園都市開発と幻の鉄道展:

« 是政駅 | トップページ | 国立駅てぬぐいとピンバッジ »