2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 千円高速の旅15(姨捨SA) | トップページ | 田原本渡り線とキハ181系と隠岐の島の旅1 »

2010年10月 8日 (金)

千円高速の旅16(横川SA)

201007senen_316_large

 姨捨SAを休憩した後、上信越自動車道経由で大宮に向う。途中立ち寄った横川SAの上り線は、峠の釜飯で有名なおぎのやがお店を出しているのだが、その店舗の前になぜか鉄道車両が設置されている。ディーゼル急行のキハ57型となっている。高速道路に鉄道車両とは似つかわしくないが、おぎのやの地元とあれば納得する。

201007senen_318_large

 車内にお弁当を持ち込んで、鉄道気分で食事ができるようになっている。ちょうど夕食時で車内は大混雑していた。

201007senen_320_large

 運転席もそのままだ。

201007senen_321_large

 横川SAからは渋滞区間も多く、通常なら1時間で走れる区間が倍以上かかった。

 2日間の走行距離は870kmに達した。車の燃費などから計算すると、ガソリン代は9000円くらいで、高速代が4000円なので、随分割安で富山まで行けたわけだ。私は、初日も二日目も、途中でいったん高速を下りたので、割安感が少し乏しいが、それでも正規に乗ると、3倍くらいの高速代がかかるわけで、だいぶおトクだった。しかし、その分が税金で穴埋めされるとなると心境は複雑だ。

 それはともかく、筒石駅、富山の市電環状線、白馬ミニトレインパーク、白馬ジャンプ台、横川SAのキハ57など、車の旅行の割りにテツ分の濃い旅だった。また機会があればこのような旅もしてみたい。

« 千円高速の旅15(姨捨SA) | トップページ | 田原本渡り線とキハ181系と隠岐の島の旅1 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千円高速の旅16(横川SA):

« 千円高速の旅15(姨捨SA) | トップページ | 田原本渡り線とキハ181系と隠岐の島の旅1 »