2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 食べテツの男4 | トップページ | 駅弁ひとり旅9 »

2010年5月10日 (月)

正岡子規と明治の鉄道

Img_0069_small

 旧新橋停車場鉄道歴史展示室で4月6日から7月19日まで開催されている企画展「正岡子規と明治の鉄道」に行ってきました。

 明治26年の夏、子規は奥羽地方を鉄道で旅をしました。東北本線が青森まで開業したのが明治24年なので、その直後の時代です。今で言う仙山線、羽越本線、北上線などは開業しておらず、その区間は徒歩、人力車、馬車、船などで旅したようで約1ヶ月かかりました。

 その旅行の内容を旅先から郵送で新聞社に送り、「はて知らずの記」として記事にされていたようです。肝心の記事は、1日分しか展示されていませんでしたが、紀行文とともに俳句も添えられています。子規は「おくのほそ道」の世界に憧れていたようです。

 また併せて、その時代の鉄道事情も紹介されていて興味深いです。この時代は鉄道庁長官井上勝が「鉄道政略ニ関スル議」が提出されるなど、全国的な鉄道網建設の機運が高まっていた時代でもあります。

 旧新橋停車場ではこういった企画展が開催されいて、しかも無料で見られるので、その都度行っています。

« 食べテツの男4 | トップページ | 駅弁ひとり旅9 »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正岡子規と明治の鉄道:

« 食べテツの男4 | トップページ | 駅弁ひとり旅9 »