2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 東京スカイツリー | トップページ | 武蔵野線まるごと探見 »

2010年2月10日 (水)

水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン

Img_0021_small

 水戸岡鋭治さんは、JR九州の列車デザインを手がけている方です。JR九州の車両はどれも非常に個性的で独特の色使いをしていますが、それらはすべて水戸岡さんの手になるものです。乗ることにわくわくする車両ばかりです。

 そんな水戸岡さんの鉄道デザインの真髄が語られているのがこの本です。その中で印象に残ったのが、鉄道のライバルは、自動車や航空機ではなく、リゾートホテルだという部分です。列車の窓から移りゆく景色を取り入れることによって、リゾートホテルを上回る空間を演出できるというのです。

 私の旅はまさに景色を眺める旅で、移り行く見知らぬ景色を眺めているだけで退屈しません。その空間をリゾートホテルのようにしてくれるので、私はわざわざ九州まで出かけていって、わくわくする思いでそれらの車両に乗車するのです。他の鉄道会社ではわざわざ乗りたくなるような車両はめったにありませんが、JR九州にはそれがたくさんあります。

 水戸岡さんのデザインとそれを採用したJR九州、この二者の協力がなくして、水戸岡車両は生まれません。これからも新しい車両をどんどん世に送り出していただきたいと思います。

2007_049_small 2007_055_small 2007_058_small 2007_083_small 2007_085_small P2060061_small

« 東京スカイツリー | トップページ | 武蔵野線まるごと探見 »

鉄道関連書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン:

« 東京スカイツリー | トップページ | 武蔵野線まるごと探見 »