2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 音威子府駅 | トップページ | 25年後の札沼線新十津川駅 »

2010年2月20日 (土)

網走駅湧網線ホーム

Img_0031_small

 網走駅湧網(ゆうもう)線用0番線ホームの写真です。0番線は1番線よりさらに内側にあるホームにつけられます。車両は1両編成のキハ22で、朱色の国鉄色に塗られています。昭和58年2月25日朝、急行大雪5号で網走駅に到着した後に撮影したものです。

 湧網線は網走駅から中湧別までオホーツク海沿いに走る線区です。季節によっては車窓から流氷を眺めることができます。私はそれを眺めたくてこの線に乗りに来ました。

Img_0032_small

 一面流氷に埋め尽くされた海です。こういった車窓が高台を走る線路から眺めることができました。今の時代であればノロッコ号のような観光列車の1本でも走るはずですが、当時はそんなこともなく、1両の車両にほぼ満席の鉄道ファンの乗せての運行でした。

200705hokkaido_182_small

 そんな湧網線も昭和62年3月、国鉄民営化の直前に廃線になりました。ここは旧卯原内(うばらない)駅付近の廃線跡で現在ではこのようなサイクリングロードが続いています。

« 音威子府駅 | トップページ | 25年後の札沼線新十津川駅 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網走駅湧網線ホーム:

« 音威子府駅 | トップページ | 25年後の札沼線新十津川駅 »