2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 船橋駅ひな人形 | トップページ | 雑喉謙・鉄道関心派の私録、09年の巻 »

2010年1月30日 (土)

カレチ

2010_012_small

 神田神保町の「書泉グランデ」の6階で面白そうな鉄道漫画があったので、さっそく購入しました。カレチというタイトルです。カレチとは国鉄の車内用語で、旅客専務車掌の略称で、特急や急行に乗務する車掌のことです。大阪車掌区に所属する新米カレチ荻野氏の人情漫画で、旅客や先輩車掌にもまれながら成長していく姿が描かれています。

 危篤の母に会いに行く乗客のために、列車接続に便宜を図ったり、車内の急病人を救助するために、列車を臨時停車させたり、規則と現実の間で苦悩する主人公の姿が描かれています。

 時代は昭和40年代で、国鉄の最後の輝きがあった時代です。出てくる列車は今や廃止寸前のボンネット型特急や寝台特急で、帯にも書かれているように本当に懐かしい列車が数多く出てきます。早く次の巻を読みたくなりました。おすすめの一冊です。

 

« 船橋駅ひな人形 | トップページ | 雑喉謙・鉄道関心派の私録、09年の巻 »

鉄道関連書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カレチ:

« 船橋駅ひな人形 | トップページ | 雑喉謙・鉄道関心派の私録、09年の巻 »