2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 急行銀河 | トップページ | 西千葉駅 »

2010年1月23日 (土)

京浜東北線209系電車引退

030_2

 京浜東北線で走っている209系電車が明日で引退します。今から17年前にデビューした車両で、デビュー当時京浜東北線で大宮駅から東京駅まで通勤していたので、とても思いで深い車両です。ついこの間103系が引退したかと思ったら、もう209系も引退なのです。 

 ステンレス製の外観、固めのシート、大きな窓ガラスなど、国鉄時代の103系から決別する斬新な車両で、その流れは今の231系や233系にも活かされています。

 しかし試作段階の901系はちょっとがっかりする車両でした。内装パネルはグレーの安っぽいもので変なコルゲーションが施され、薄汚い印象でした。また、ドアの開閉音もゴロゴロとうるさく、窓ガラスは熱線吸収ガラスなので車内が暗くなっていました。シートもコチコチで座り心地は悪く、座面が高いので、足が短い人は足がブラブラしていました(私は大丈夫でしたが・・・)。しかし、7人掛けのシートは一人づつ区分けされ、仕切りのポールもあるので、中途半端に座る人がなく、定員着席ができるなどの利点もありました。

 その後、量産車となった209系ではそういった点も若干改善され、利用しやすい車両になりました。というよりその前の103系があまりにひどい車両だったので、どんな車両が投入されても文句は出なかったのでしょう。

 あと1日で引退で、本来なら駆けつけたいのですが、残念ながら明日は資格試験を受験する予定で勉強の最中なので、行くことができないのです。ただし、京浜東北線で引退した209系は改造され、房総地区の普通電車に転用されているので、近くでもあり、それは見に行く予定です。

 写真は一時期 京浜東北線で走っていた205系のカプセルプラレールです。

« 急行銀河 | トップページ | 西千葉駅 »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京浜東北線209系電車引退:

« 急行銀河 | トップページ | 西千葉駅 »