2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 長崎県島巡りの旅8(池島3) | トップページ | 長崎県島巡りの旅10(池島5) »

2009年11月22日 (日)

長崎島巡りの旅9(池島4)

2009_665_small 2009_669_small 2009_691_small

 いよいよ今回の旅行のメインイベント、斜鉱人車の乗車になった。先頭車にケーブルがくくりつけられていて、いわゆるケーブルカーの仕組みで車両が上下する。客車部分は3両で1両に4列ずつ座席がある。座席といっても板が渡してあるだけだ。

 体をかがめて乗り込んだつもりだが、それでも車体にヘルメットをぶつける。前の座席との間隔も短く体を横にしないと座れない。普通に座っても天井に頭がついてしまうくらい天井が低い。

 ブザー音がなって発車する。坑道をもぐっていくのだがバックで進むので、地獄へ落ちていくような不気味が感覚にとらわれる。ゴロゴロとした振動と騒音で乗り心地は最低だ。炭鉱夫の人たちは毎日こんな乗り心地の悪い列車で「痛勤」していたわけだ。

 しかし、この人車の乗車時間はわずか1分ほどで終点だ。現役時代はもっと長い時間乗っていたのかもしれないが、見学ツアーではここまでだ。乗る前はもっと長く乗っていたいと思っていたが、乗ってみるとこれが限界かもしれない。

« 長崎県島巡りの旅8(池島3) | トップページ | 長崎県島巡りの旅10(池島5) »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎島巡りの旅9(池島4):

« 長崎県島巡りの旅8(池島3) | トップページ | 長崎県島巡りの旅10(池島5) »