2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 飛鳥山公園 | トップページ | 終着駅 »

2009年10月26日 (月)

特急”燕”とその時代

Img_0009_small

 新橋駅近くにある旧新橋停車場鉄道歴史展示室で「特急”燕”とその時代」という企画展が平成21年11月23日まで開催されています。

 燕は戦前の最高速列車で、昭和5年に運行が開始されました。東京~大阪間を8時間20分で結びました。それまでの特急より2時間22分も短縮したのですから、相当なものです。その後丹那トンネルが開通し、さらに20分短縮され、8時間の運転になりました。

 この展示で目を引いたのはスピードアップの歴史はもちろんですが、あわせて展示されている昭和初期の諸々の品々です。洗濯機や冷蔵庫、当時の食堂車のメニュー、領収書、お菓子の箱などです。よくこんなものが保存されていたものです。私の親たちもこういったものを食べていたのかもしれません。

 私の持っているコレクションもいつの時代にか、貴重なコレクションとなって博物館に展示されるかもしれません。

« 飛鳥山公園 | トップページ | 終着駅 »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特急”燕”とその時代:

« 飛鳥山公園 | トップページ | 終着駅 »