2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 蛤豚之助(はまぐりとんのすけ) | トップページ | 飛鳥山公園スロープカー »

2009年10月23日 (金)

映像でたどる昭和の横浜

2009_502_small

 みなとみらい線の日本大通駅の上に横浜市都市発展記念館というのがある。ここには横浜港の開港前後からの横浜の発展の様子を知ることができる貴重な資料が展示されている。昨年はここで「横濱ステーション物語」というのが開催され、横浜駅や神奈川の鉄道の歴史を知る展示会なども開催された。

 今回ここで「映像でたどる昭和の横浜 第2巻 都市の交通」というDVDが発売された。戦後の横浜の交通の歴史を、いわゆるニュース映画で紹介するもので、とても価値のあるものだ。

 ワンマンバスの導入、路面電車の新路線開通・廃止、トロリーバスの登場、有料道路の開通、根岸線の工事の様子・開業、市営地下鉄の工事の様子・開業、金沢シーサイドラインの開通など随分といろいろなトピックスがある。

 映像は最初は白黒で、昭和40年代からカラーになり、ナレーターの声やBGM、市民の服装や髪型も時代を感じさせる。

 録画時間は115分、値段は1500円なので大変お値打ちだ。皆さんもこの記念館に行く機会があればぜひ購入してみてはどうでしょうか。期待は裏切らない内容だと思います。

« 蛤豚之助(はまぐりとんのすけ) | トップページ | 飛鳥山公園スロープカー »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映像でたどる昭和の横浜:

« 蛤豚之助(はまぐりとんのすけ) | トップページ | 飛鳥山公園スロープカー »