2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« シルバーウイーク絶滅危惧種の旅7(トキの森公園) | トップページ | ららぽーと新三郷 夢空間ダイニングカー »

2009年9月28日 (月)

ららぽーと新三郷 夢空間ラウンジカー

2009_339_small 2009_352_small 2009_350_small

 今日は最新情報をお送りするので、シルバーウイーク絶滅危惧種の旅はお休みになります。

 武蔵野線新三郷駅前に最近ららぽーと新三郷がオープンしたのはご存知の方も多いだろう。かつてここにあった(といっても20年以上も前の話なのだが)国鉄三郷操車場の跡地を利用して、今はやりの大型ショッピングモールが開業したのだ。

 しかし、うれしいことにこのショッピングモールの一角に「夢空間」という車両が展示されているのだ。「夢空間」とはJR東日本が製作した豪華寝台車で、1989年から北海道行きの夜行列車を中心に運行されていたが、数年前に引退したのだ。個室寝台車を中心に、ラウンジカー、ダイニングカーなどがある究極の豪華寝台列車なのである。写真はラウンジカーで、いわゆるバーのある車両だ。バーカウンターを中心に、両サイドにソファーが配置され、生のピアノ演奏なども楽しめるようになっていた。

 その車両が引退後にここに来たのは、ここがかつての国鉄操車場跡だからだろう。「夢空間」にとっても「国鉄三郷操車場」にとっても良い計らいだ。車両は塗装もし直され、ピカピカに輝いていて、とても引退車両に見えない。

 ここはららぽーとのステーションキッチンというフードコートに隣接しているので、フードコートで買った食べ物をここに持ち込んで食べることもできる。いつまでも「現役」でがんばってもらいたいものだ。

« シルバーウイーク絶滅危惧種の旅7(トキの森公園) | トップページ | ららぽーと新三郷 夢空間ダイニングカー »

怪しい鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ららぽーと新三郷 夢空間ラウンジカー:

« シルバーウイーク絶滅危惧種の旅7(トキの森公園) | トップページ | ららぽーと新三郷 夢空間ダイニングカー »