ただいまの時間

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

シルバーウイーク絶滅危惧種の旅8(佐渡金山)

2009_125_small 2009_115_small

 両津港から13時15分のバスで佐渡金山まで向う。やはり佐渡に来たからには金山を見なければならないだろう。バスは佐渡島の中央部を横断しながら、約1時間20分で到着。一般道路の路線バスにこんな長時間乗るのは久しぶりだ。土日祝日だけは、このバスが金山まで直通するが、平日は途中の相川止まりとなるため、公共交通機関でこの金山に着く術はない。たいていの客は車か観光バスで行くようで、駐車場だけはにぎわっていた。

 入場料金800円を払って内部に入る。内部の気温は10度前後でとてもひんやりしている。本来の金山は東西3000m、深さ800mまで達しているそうだが、この見学坑道(宗太夫坑コース)は長さ800mほどだ。細長い地下坑道を進んでいくと、ところどころに金山の解説が掲げられている。そういったところでじっくりと解説を読んでいると、後から来た観光客の一団がどっと押し寄せてきては、声高に談笑しては私にぶつかって追い越していく。

 この金山は西暦1601年に発見され、江戸時代を通じて徳川幕府の財政を支えてきた。内部は驚くほどの分業体制が敷かれていて、採掘する人はもちろん、湧き出る水をかい出す人、酸欠防止の風を送る人、坑道が崩れないように木組みを作る人、鉱石を運び出す人、採掘用工具を作る人、それを修理する人、鉱石をすりつぶす人、ふるいにかける人、溶解する人、鋳造する人、それを監視する役人等々。こんな人海戦術で採算が取れたのだろうか。年1回幕府に金貨を献上するため、佐渡と江戸を行き来していたようだ。その金山も平成元年、鉱石が枯渇し、閉山に至った。現在は観光専門になっている。

 なかなか見ごたえのある見学コースを過ぎると、お土産コーナーがあり、出口になった。坑道がひんやりしていたこともあって、外はむっとする蒸し暑さだ。

 16時30分の終バスで両津港に戻る。

 

2009年9月29日 (火)

ららぽーと新三郷 夢空間ダイニングカー

2009_376_small 2009_369_small 2009_372_small

 ららぽーと新三郷にはもう1両「夢空間」の車両があります。場所はちょっと奥の方にあります。ダイニングカーといって食堂車です。落ち着いた緑色が印象的です。フランス料理のフルコースが楽しめたようです。こちらの車両は中には入ることができません。こういった車両がもっとできると鉄道の旅も楽しくなるのですが。

2009年9月28日 (月)

ららぽーと新三郷 夢空間ラウンジカー

2009_339_small 2009_352_small 2009_350_small

 今日は最新情報をお送りするので、シルバーウイーク絶滅危惧種の旅はお休みになります。

 武蔵野線新三郷駅前に最近ららぽーと新三郷がオープンしたのはご存知の方も多いだろう。かつてここにあった(といっても20年以上も前の話なのだが)国鉄三郷操車場の跡地を利用して、今はやりの大型ショッピングモールが開業したのだ。

 しかし、うれしいことにこのショッピングモールの一角に「夢空間」という車両が展示されているのだ。「夢空間」とはJR東日本が製作した豪華寝台車で、1989年から北海道行きの夜行列車を中心に運行されていたが、数年前に引退したのだ。個室寝台車を中心に、ラウンジカー、ダイニングカーなどがある究極の豪華寝台列車なのである。写真はラウンジカーで、いわゆるバーのある車両だ。バーカウンターを中心に、両サイドにソファーが配置され、生のピアノ演奏なども楽しめるようになっていた。

 その車両が引退後にここに来たのは、ここがかつての国鉄操車場跡だからだろう。「夢空間」にとっても「国鉄三郷操車場」にとっても良い計らいだ。車両は塗装もし直され、ピカピカに輝いていて、とても引退車両に見えない。

 ここはららぽーとのステーションキッチンというフードコートに隣接しているので、フードコートで買った食べ物をここに持ち込んで食べることもできる。いつまでも「現役」でがんばってもらいたいものだ。

2009年9月27日 (日)

シルバーウイーク絶滅危惧種の旅7(トキの森公園)

2009_088_small 2009_090_small

 佐渡両津港に着いた私は新潟交通佐渡バスで「トキの森公園」に向う。土日祝日のみトキの森公園に向うシャトルバスが運行されている。バスは11時20分発で乗客は5人。日差しはますます強くなって、降水確率90%はどこに行ったのだろう。新潟駅で買ったビニール傘を空しく持ち歩く。途中ひなびた温泉地を2ヶ所ほど通るが、客の乗り降りはまったくない。

 11時44分、トキの森公園着。公園周辺は自然の環境が残されていて、トキの成育に良さそうなところだ。公園の中には展示室がある。上の写真は2003年に死亡した「キン」という日本最後の野生のトキの剥製で、赤いくちばしときれいな白い羽が特長だ。

 このトキの死亡により野生のトキは日本からはいなくなったが、トキ保護センターでの人工孵化などで、平成21年9月8日現在で162羽のトキが生息している。案外たくさんいるものである。下の写真は繁殖ゲージの中で仲良く過ごすトキのつがいだ。このほかにも見学者から見えないところでも飼育されているようだ。

 再び佐渡の大地を飛翔する姿が見られるよう期待しながら、12時50分のバスで再び両津港に向う。

 

2009年9月26日 (土)

シルバーウイーク絶滅危惧種の旅6(ジェットフォイル)

2009_082_small

 新潟港からは佐渡汽船のジェットフォイルで佐渡の両津港に向う。240人乗り2階建ての船で、「ぎんが」の愛称が付いている。私は2階席中央部の席だ。7割くらいの乗船率でまずまずの混み具合だろう。座席にはシートベルトが備え付けられていて、これをしっかり締めるよう放送がある。

Img_0003_small 

 10時05分定刻に出航。船室前側にはスピードメーターが備え付けられていて、座席に居ながら時速が分かるようになっている。まだ新潟港内にもかかわらず、あっという間に最高速度の80km/hで走行している。揺れは少ない。この速度では船体が水面から上昇しているはずだが、それも実感されない。

 新潟港を出ても、波も穏やかで揺れはほとんど感じない。出航したときは曇りだったのだが、だんだん回復してきて日が差してきた。降水確率90%はどうしたのだろう。

 佐渡到着の30分くらい前からは佐渡の島影も見えてきた。ケータイ国盗り合戦の佐渡国は船上でゲット。ちょうど1時間で佐渡の両津港に到着。快適な船旅だった。

2009年9月25日 (金)

シルバーウイーク絶滅危惧種の旅5(連絡バス)

2009_077_small

 新潟駅から佐渡汽船のフェリー乗り場まではバスで行く。新潟駅前のバスターミナルは屋根付きで、ご覧のようにバスがバックで入線してきて、1台1台縦に停まるようになっているという珍しいスタイルだ。

 フェリー乗り場までは15分、200円の距離で、立ち客も出る賑わいだ。バスの行き先は「佐渡汽船」となっている。普通は「佐渡汽船フェリーターミナル」くらいの名前になりそうだが、固有名詞をそのまま冠している。

 出発した時は大雨だったが、佐渡汽船の乗り場に着く頃には雨は止んでいた。せっかく買った傘は役に立つのだろうか。

 

2009年9月24日 (木)

シルバーウイーク絶滅危惧種の旅4(赤いソースのカツサンド)

200909220653000

200909220654000_2 

 MAXとき303号の車内で食べた朝食です。東京駅のエキナカベーカーリー「サンピエロ東京店」で販売されている「赤いソースのカツサンド」480円です。赤いソースと言ってもチリソースではなく、トマトソースなので、ちょっと甘めの感じです。なぜ赤いソースかというと、東京駅の赤レンガをイメージしたそうです。

 肉はどちらかというと歯ごたえがあり、固めです。これで480円ですから、コンビニのサンドイッチなどからすると、かなり高いお値段ですが、食べてみる価値はあります。

 

2009年9月23日 (水)

シルバーウイーク絶滅危惧種の旅3(MAXとき303号)

シルバーウイーク絶滅危惧種の旅3

 新潟行きMAXとき303号は全車両2階建てE4系8両編成で、私は6号車だ。ここは平屋部分の1階なので眺めは悪くない。しかも車両構造の関係で通路をはさんで両側とも二人掛けになっているので居住性もいい。ただ一番前の席なので目の前が壁で圧迫感はある。
  定刻に発車。このときは高崎を通過するタイプなので注意喚起のアナウンスが繰り返し行われている。
  上野、大宮と結局、隣には誰も乗ってこなかったので、新潟までゆっくり過ごせた。
新潟に近づくと雨が強くなってきたが、定刻9時59分到着。SLばんえつ物語号が発車準備で煙を上げている。
駅前のバス乗り場に向かおうとするととても激しい雨、折畳み傘は持っているがそれでは役に立ちそうもないのでコンビニでビニール傘を買う。佐渡の降水確率は90%となっているので、このほうが役に立ちそうだ。

2009年9月22日 (火)

シルバーウイーク絶滅危惧種の旅2(総武快速線)

シルバーウイーク絶滅危惧種の旅2

 まず、稲毛駅5時57分発の総武快速線で東京駅まで向う。この電車で行くと東京駅着は6時31分で、乗るべき新幹線は7時00分発なので早く着きすぎるのであるが、かといって次の総武線だと東京駅が6時52分で、ぎりぎりなのである。
 この時間でも総武快速線は旅行客風の人を中心に結構混んでいる。稲毛を出たときにはまだ空席もあったが船橋で満席になる。東京駅までは約30分なので寝過ごさないように注意していく。

2009年9月21日 (月)

シルバーウイーク絶滅危惧種の旅1(切符の話)

Img_large

 今年の秋は敬老の日と秋分の日の曜日配列の関係から5連休のなっている。その5連休を利用して旅に出てみようと思う。今回の目的は大きく3つある。一つは今まで行ったことのない佐渡島に行くこと、2つ目はいつ廃止になるかも分からない「急行きたぐに」のB寝台に乗車すること、3つ目は大阪で運行されている水陸両用バスに乗ること。

 高速道路は休日1000円の関係でどこへ行っても混んでいるようだが、鉄道の場合は指定券さえ用意できれば、混んでいようがいまいが関係ない。幸い私の旅は一人旅なのでたいての場合は指定券は用意できる。連休初日、稲毛駅のみどりの窓口で依頼すると席は取れた。

 購入した乗車券は画像の通りだ。私はJR東日本の株主になっているので、株主優待券2枚を利用した。新潟までの乗車券と新幹線特急券とが4割引で発券されている。

 新潟から大阪までの急行きたぐには新幹線乗り継ぎ割引が適用されて、急行料金が半額になっている。また同区間の乗車券は駅員に「きたぐにはどっちまわりで行くんでしたっけ」と逆質問され、「列車自体は米原経由ですが、乗車券は湖西線回りで発券することになっています」と答えて発券してもらったのがこれだ。だがよく見ると越後線経由で発券されている。誤発券かもしれないし、運賃計算の特例があるかもしれない。

 まあそれはそれとして、5連休の終わりの2日間に旅に出ることにした。

2009年9月20日 (日)

駅弁ひとり旅8巻

駅弁ひとり旅8<br />
 巻
  主人公の大介が全国を旅行しながら各地の駅弁を食べ歩くマンガ「駅弁ひとり旅」の8巻が発売されたのでさっそく買ってきました。

  今回は宮古駅から新庄駅までの名物駅弁が正確なイラストで紹介されていて、駅弁ガイドとしての価値も高いです。

  また、駅弁を食べたときの感想が説明口調でわざとらしいのと登場人物の駅弁販売員や駅員の方言がとって付けたようでこれまたわざとらしいのが、いつもながらでユーモラスです。

2009年9月19日 (土)

北海道特急公衆電話サービス終了

2009_043_small

 JR北海道では特急列車での公衆電話サービスを終了することになったようです。携帯電話の普及で、列車備え付けの公衆集電話を利用する人がほとんどいなくなったからでしょう。旅客の利便性向上のため設置された公衆電話もその使命を終えたわけです。

 その昔は、新幹線にしか設置されておらず、着信があると車内放送で呼び出しがあって、電話室まで歩いていって通話したものです。呼び出しのとき、本人の名前に付加して会社名を一緒に告げていましたが、自分の会社の宣伝のために車内電話を利用する人が増えてきたので、会社名は放送されなくなりました。

 写真は幕張本郷駅前で見かけたおしゃれな公衆電話です。4つワンセットになっているようで、利用が少なくても台数を減らすわけにはいかないようです。昭和の時代を感じさせる遺物かもしれません。

「jr_terephone.pdf」をダウンロード

2009年9月18日 (金)

ガイドウェイバス

200712nagoya_032_small

 名古屋の大曽根・高蔵寺間を走るガイドウェイバス『ゆとりーとライン』です。駅の外見は鉄道と変わりありませんが、高架の専用道路を走るバスで、専用道路を走っているときは、鉄道の車両と同様にハンドル操作なしで進行することができます。一般道路に降りると普通のバスと同じくハンドル操作で進みます。都市部の交通渋滞を回避し、バスの定時運行を確保する切り札として登場しました。

200712nagoya_029_small

乗り場はこんな感じで、ホームにバスが入って来るわけです。鉄道のホームと違って高さはありません。

200712nagoya_021_small

こういう専用道路を走ります。鉄道の高架橋と違って架線や架線柱がなく、すっきりしています。

2009年9月17日 (木)

海浜幕張駅前の変わったお店

2009_034_small

 海浜幕張駅北口に隣接するつけ麺のお店『元祖大王SL』です。店名にSLという言葉が入っていて気になります。店内にSLの模型があるのか、あるいはSLとはまったく関係なく、何かの用語の略称なのか。時間がなくて入りませんでしたが、外から見る限りはSLとは何の関係もなさそうでした。

2009_037_small

 同じく海浜幕張駅北口に隣接する『きおい食堂』です。この店はどこが変わっているかというと、土日祝日が休業日なのです。こんなに立地が良いのに、平日のみの営業とはもったいないことです。営業日を増やせばもっと儲かるのにと思うのですが、経営者には別の考えがあるのでしょう。利益最優先でないところにかえってひかれます。

2009年9月16日 (水)

赤電

2009_067_small

 京成電鉄創立100周年記念で、昔の塗装が復活しています。赤電と呼ばれた塗装です。一編成しかなく、運用も公開されていないため、見つけられればラッキーという感じです。だだ4両編成なので運行される区間は限られています。

 私は幕張本郷駅から京成千葉駅に向うときたまたま見かけて写真に収めました。塗りなおされてピカピカです。ちょっとどぎつい塗装ですが、昭和レトロな感じでいいです。車内には京成の歴史を記す様々なポスターが貼られていました。

 このほかに青電という青色の塗装の電車も復活されているのですが、幕張本郷駅付近の総武線の車窓から見かけたことがあります。

2009年9月15日 (火)

連接バス

2009_033_small

 所要で京葉線海浜幕張駅に出たときに連接バスに乗りました。このような感じで2台のバスが連結されて走ります。以前、慶応大学の湘南藤沢キャンパス行きの連接バスをご紹介しましたが、こちらのほうが歴史が古いのです。

2009_040_small

 後ろの車両に乗りました。運転席までの距離が長いです。連結部分にも座席がありました。乗り心地はどんな感じでしょう。

 2009_042_small

 カーブを曲がるときは前の車両が見えます。電車ではよくあることですが、バスではありえません。

2009年9月14日 (月)

あさり弁当

2009_071_small 2009_075_small

 千葉駅万葉軒の『あさり弁当』です。木更津名物と書かれています。この駅弁はかつては木更津の駅弁業者が製造していたのですが、その業者が撤退したので、万葉軒が引き継いだのです。

 よく煮込まれたあさりがたっぷり入っていて素朴な味わいです。万葉軒の駅弁にしては1000円とちょっと高めですが、おいしい駅弁です。

2009年9月13日 (日)

現金輸送車マニ30

200806hokkaido_109_small 200806hokkaido_110_small 200806hokkaido_113_small

 日銀の銀行券輸送用専用車マニ30です。日銀の本支店間の現金輸送用に使用されていたものですが、何年か前に鉄道車両による現金輸送が廃止になり、その車両が小樽市総合博物館に展示されています。

 車両の内部は、現金保管用のスペースと警備員用の座席スペースとに分かれて区画されています。開放型A寝台のような車両でした。かつては長距離の夜行運用もあったのでしょう。この中で寝泊りしたのかもしれません。

 犯罪防止用にその存在すら明らかになっていなかった車両ですが、今はこのように静態保存されています。

2009年9月12日 (土)

赤旗

200809tohoku_043_small

 秋田県の大曲駅で見かけたものです。緊急に列車を止める必要が生じた場合に振る赤旗です。大都市の駅では非常通報ボタンが設置されていますが、列車の運行がそれほど頻繁でない区間には、こんな簡易型の旗が用意されているようです。何だかカッコ悪いかもしれませんが、もし万が一の場合は、この旗を大きく振ってください。

2009年9月11日 (金)

樽沢トンネルと民主党

 以前日本一短いトンネルとしてご紹介した『樽沢トンネル』ですが、八ツ場建設に伴い廃止される運命にあるとお伝えしました。ところが、民主党が八ツ場ダム建設中止を公約の一つに掲げて政権を獲得したことから、このダムの建設がどうなるか注目を浴びています。

 もしダム建設中止が決定されると、付帯工事である鉄道の迂回ルートも建設中止になり、その結果このトンネルも廃止されずに済むのです。この鉄道記念物的トンネルの運命やいかに。民主党の今後の政権運営が注目されます。

2009年9月10日 (木)

つながるジオラマ

2009_026_small

 JR東日本のニューデイズ、キオスク限定で、十六茶などを購入すると『つながるジオラマ』というフィギュアがついてきます。会社の先輩から教えてもらいました。私がこういう趣味を持っているということは社内に広く知れ渡っているので、気を利かせていろいろ教えてくれる人がいるのです。

 鉄道車両のフィギュアで、フレッシュひたち、255系特急、485系宴、C57、EF55の5種類で各3両セットなので全15種類あります。写真は、今年1月に引退したEF55です。以前このブログでも紹介したことがあります。小型ですが良くできていて、後ろにはニューデイズの店舗があります。全15種類コンプリートすべく、現在買い出し中です。

2009年9月 9日 (水)

東京駅硬券入場券

Kouken_087

 以前東京駅の平成初日の入場券を紹介したことがありましたが、今回は昭和の時代の赤字で印刷された硬券入場券です。東京駅の新幹線乗り換え改札口だけで発売されていました珍しいものです。

 この日付は、まだ営業運転を開始したばかりの100系新幹線(2階建て新幹線)を東京駅に見に行ったときに買ったものです。その当時は大人気だった100系も今では、2階建て車両ははずされ山陽新幹線のこだまの運用についています。時の流れは早いものです。

2009年9月 8日 (火)

国鉄線乗車票

Kouken_071

 昨日、昭和の時代の国鉄の記念入場券をご紹介しましたが、今日は国鉄の時代の珍しい乗車券です。これは定期券利用者だけに交付された乗車券で、ストライキなどで定期券が使用できない日があると、定期券の有効期間を延長するのではなく、定期券と同区間の乗車券を渡して、これに変えるものです。

 このきっぷは、昭和60年11月に過激派が国鉄の通信ケーブルを切断し、その結果首都圏の国電が一日中運行できなくなった時のものです。国鉄とすれば、過激派にケーブルを切断されただけでなく、利用者にこんな補償をしなければならないとは、まさに踏んだり蹴ったりの話ですが、私としては良いコレクションになりました。使用しないで取っておきましたが、往復利用できたので、片道だけ利用する手もあったようで、ちょっと損をしたかもしれません。

2009年9月 7日 (月)

万博中央駅

Kouken_010

 かつて常磐線に万博中央駅という駅があったのをご存知でしょうか。つくば研究学園都市で、1985年科学万博が開催され、その最寄地点に臨時の駅が設けられたのです。この入場券の翌日から開催されました。

 万博開催期間中のみの開設で、この駅から会場までシャトルバスが運行されていました。現在、その駅はひたち野うしく駅として復活しました。

2009年9月 6日 (日)

どんと祭り寿司

Tibaimg_small 2009_012_small

 またまた千葉駅の駅弁です。万葉軒の『どんと祭り寿司』470円です。定価は670円なのですが、200円引きで売っていました。駅弁の値引き販売は珍しいです。賞味期限が近かったのか、キャンペーンなのか分かりませんが。

 海老、うなぎ、いくら、デンブ、レンコン、しいたけ、ニンジンなどが彩りよくのっています。量は若干少なめですが、おいいし駅弁でした。

2009年9月 5日 (土)

道の駅記念きっぷ

Kouken_127_small

 鉄道の駅に切符があるのは当たり前ですが、道の駅にもきっぷがあるのです。ご覧のようなスタイルで鉄道で言うところのD型硬券の大きさです。昔ながらの固い紙でできています。

 鉄道の駅では硬券乗車券、入場券がほとんど全廃された中、道の駅ではこのような記念きっぷを発売するところが増えています。そういった人向けの「道の駅きっぷ収集会」というサイトもできています。

 すべての道の駅にあるわけではありませんが、旅の記念にいい商品です。鉄道の駅でも復活させていただきたいものです。

2009年9月 4日 (金)

東京駅2

200908261703000

 人通りの少ないビル街の小路、どこだと思いますか。東京駅八重洲口1分のところにある「丸の内トラストタワー本館」前の道です。ちょうど午後5時というのに人っ子一人いません。東京駅のこんな近くにこんな寂しい道があるなんて想像もしませんでした。八重洲口にあるのに丸の内を名乗るのも変わっています。でも雰囲気のある落ち着ける通りです。

2009年9月 3日 (木)

東京駅

200908261644001

 先週東京駅の近くまで行ったときに携帯のカメラで撮影しました。東京駅丸の内口です。現在の駅舎の建て替え工事中です。建て替えが完成すると、戦災で一部焼失する前の3階建てドーム駅舎の東京駅舎が復元されます。あと3年くらいかかるようですが、完成が待ち望まれます。

2009年9月 2日 (水)

ジオラマフィギュア2

Collection_016_small

前回、スーパービュー踊り子号のジオラマフィギュアをご紹介しましたが、今回は江ノ電のフィギュアです。海沿いを走る江ノ電なので鎌倉高校前駅あたりの情景かもしれません。江ノ電の良さはいろいろありますが、その中でも私の一番好きな区間です。

2009年9月 1日 (火)

ジオラマフィギュア

Collection_017_small

 昨日、伊豆急全線ウオークについてお伝えしましたが、今回は伊豆の海をバックに走るスーパービュー踊り子号をモチーフにしたジオラマフィギュアです。缶コーヒーのおまけだったものです。伊豆急全線ウオークをしていると、こんな光景をよく目にします。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »