2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« ファミリーマート限定鉄道博物館収蔵車両コレクション | トップページ | 名鉄7000系 »

2009年2月20日 (金)

南部縦貫鉄道

Strvell200605_009Strvell200605_017Strvell200605_021

 2006年5月、かつて南部縦貫鉄道で活躍していたレールバスに乗るため、青森県七戸までやってきました。南部縦貫鉄道は1962年の開業で、東北本線の野辺地とここ七戸の間20.9kmで運行されていましたが、残念ながら1997年廃止になった私鉄です。しかし、年1回5月に南部縦貫レールバス愛好会により、体験乗車会が開かれており、それに乗りに行ったわけです。テツもたくさん来ていますが、地元の人もそれに劣らず大勢来ています。

 レールバスはご覧の通り丸っこい車両で大きさもバスと同じ、車軸も前に一つ、後ろに一つで、バスと同じようにクラッチ操作でギアチェンジを行う、マニュアル車です。バスと違うのは前後に運転席があることと停車ブザーがないことくらいでしょうか。かつての七戸駅構内がイベント会場になっており、そこを2往復します。現役時代もそうだったのですが、発車時にエンストするのではないかと思うほど、車体が大きく振動して出発します。駅構内の短い距離を行ったりきたりするだけなので、スピードはそれほどでないのですが、騒音、振動は車両の大きさに比較してなかなかのものがあります。2枚目の写真がぶれているのはそのためです。運転士は進行方向が変わる都度、チェンジレバーを抜き取って車内を前後に移動します。こどもたちだけでなく、大人もそれを珍しそうに見ています。

 この車両は、私と同じ年なので末永くがんばってもらいたいと思います。

« ファミリーマート限定鉄道博物館収蔵車両コレクション | トップページ | 名鉄7000系 »

怪しい鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南部縦貫鉄道:

« ファミリーマート限定鉄道博物館収蔵車両コレクション | トップページ | 名鉄7000系 »