2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 加悦鉄道 再現列車乗車会 | トップページ | 私の好きな駅7 みなとみらい駅 »

2009年2月24日 (火)

米子空港駅

S200807kansai_003S200807kansai_012S200807kansai_014

2008年7月、羽田空港から全日空機で米子空港に来ました。テツの私が飛行機でここに来たのには訳があります。その1ヶ月ほど前、JR西日本の境港線米子空港駅が開業したからです。単に新駅開業であればこんなところまでわざわざ来ないのですが、この新駅開業と同時に境港線の線路が一部付け替えになり、従来の線路の東側に半円形に張り出し、実質的に新線ができたのと同じ状況になったからです。なぜ、張り出すことになったかと言えば、米子空港の滑走路延長が予定されていて、そのために線路が移設されることになったからです。

米子空港ターミナルから連絡通路を歩くこと約5分、4車線の道路を押しボタン式信号で渡って駅に着きます。駅の手前には線路移設で廃止になった旧線が残っています。すでにレールははがされていますが、バラストはそのまま残っています。飛行機からの乗り換え客は私のほかに、男性の4人グループしかいません。空港連絡駅というと華やかな印象がありますが、ここにはそんなもののかけらもありませんでした。今朝下車した京浜急行の羽田空港駅と比べると、同じ空港連絡駅ながら雲泥の差です。

駅は片側1面のホームで駅舎もない無人駅で、屋根やベンチも少ししかありません。朝9時と言うのに日差しが強く、冷房設備がないのがうらめしく思います。しかし、ホームの前のバラストは真っ白で新しく、新線らしいすがすがしさが感じられます。実際に乗ってみると新線区間はあっと言うまで、わざわざ乗りにくるまでもないと思われる人もいると思いますが、これはこれで私には一つのけじめです。半円形になったことによって、距離が伸びたはずですが、JR西日本では営業キロの変更は行いませんでした。

« 加悦鉄道 再現列車乗車会 | トップページ | 私の好きな駅7 みなとみらい駅 »

新線乗車記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米子空港駅:

« 加悦鉄道 再現列車乗車会 | トップページ | 私の好きな駅7 みなとみらい駅 »