2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 長瀞駅ライトアップと和銅黒谷駅 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »

2008年12月31日 (水)

秩父鉄道グッズ

Scollection_174 Scollection_166

 秩父鉄道の長瀞駅と和銅黒谷駅を訪問するにあたって、秩父鉄道の一日乗車券を使用した。全線乗り降り自由で1400円。せっかくなので羽生から三峰口まで全部乗ってみた。羽生付近は大きな農地と新興住宅が混在し、熊谷付近ではビルに囲まれ、長瀞付近では渓谷美、終点三峰口は雪の跡も残るような山岳地になるという変化に富んだ路線で、全線2時間ほどかかるが退屈しない路線だ。日曜日にも関わらず、貨物列車の運行も頻繁でうれしくなった。

 秩父鉄道では各駅で硬券入場券や記念入場券を販売しており、また記念グッズを販売も熱心だ。私はチケットホルダー200円を購入。私は以前は首からものをぶら下げるのは格好の悪いことだと思って、こういった類のものは使ったことがなかったが、最近は携帯電話やデジカメを首からぶら下げる人も多くなり、気にならなくなった。実際、チケットホルダーを使ってみると、切符を探すのにポケットやかばんをあっちこっち探したりすることもなくなり、便利さを実感している。

 図柄は国鉄101系だ。秩父鉄道では国鉄の旧型車両を購入して、自社カラーに塗装しなおしているのだが、最近国鉄色に塗りなおして人気を呼んでいる。この色以外に、ブルー、イエロー、カナリアに塗られて、本当に昔の国鉄線のようだ。

« 長瀞駅ライトアップと和銅黒谷駅 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »

コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秩父鉄道グッズ:

« 長瀞駅ライトアップと和銅黒谷駅 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »