2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« トレインマークの誕生 | トップページ | 東京弁当 »

2008年12月25日 (木)

書泉グランデ

200812231602001

 神田神保町にある書泉グランデ6階の鉄道書コーナーです。6階のフロアーの4分の1程度は鉄道図書で埋め尽くされています。ここに来れば日本で発売されている鉄道書はたいてい手に入れることができます。私も1~2ヶ月に1回くらいはここに来て、何か目新しいものはないかと物色しています。

 今回は、雑喉謙氏の「近間の鉄道イベントを楽しむ-関心派の私録、08年の巻-」を求めるために来ました。毎年12月に刊行され、その年の新線乗車記、新駅訪問記、日々の鉄道雑感などが少し辛口の視点でつづられています。私のお気に入りの著者です。この書籍は自費出版のようで一般の書店ではまったく見かけないので、ここに買いに来ているわけです。

 そのほかにも、地方の鉄道写真集や大学鉄道研究会の発行の小冊子、雑誌のバックナンバーなどがあり、品揃えの豊富さはナンバー1です。客はほとんど男性で無口で黙々と立ち読みをしては、ごっそり買い込んでは帰っていきます。

 私はここで鉄道書をあさった後、三省堂などによってノーマルの本を見て帰るのがパターンです。

« トレインマークの誕生 | トップページ | 東京弁当 »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書泉グランデ:

« トレインマークの誕生 | トップページ | 東京弁当 »