2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« JR四国バースデーきっぷの旅 その5 | トップページ | トレインマークの誕生 »

2008年12月23日 (火)

JR四国バースデーきっぷの旅 その6

 高知で一泊した後、今日12月8日がきっぷの有効期限だ。朝6時30分にホテルを出る。私の旅行中の出発はたいてい朝7時前だ。特にこのような乗り放題きっぷを持っているとその気持ちが強くなる。

 7時00分発の南風4号で阿波池田まで向かう。土讃線一の絶景が続く大歩危峡、小歩危峡を眺めながら約1時間で到着。次の列車まで20分ほど時間があったので、いったん駅をでる。駅前がいきなりアーケード商店街になっている。朝の8時過ぎだというのに通勤通学客らしき姿はまったくなく、商店街にも活気が感じられない。

S200812sikoku_172

 次の列車は8時33分発の「剣山4号」で、特急なのにわずか2両でグリーン車も連結されていない。指定券を用意してきたが、1両の車両を自由席と指定席に区分しており、指定席は端の5列分くらいの1画なので乗り心地が悪そうだ。私の他に客は1名もいないので、指定券は無視して車両の真ん中あたりに陣取る。

 発車を待っていると、勤務先から私の携帯に連絡が入った。本来列車内では通話は遠慮するルールだが、私のほかに誰も乗っていないので、堂々と通話する。朝の8時台の列車なのにだれもいないとはローカル線の旅らしい。

 次の駅の佃から徳島駅の一つ手前の佐古までが、JR化後の未乗区間で、吉野川に沿って走るのどかな線だ。阿波池田を発車したときは、私の車両は誰もいなかったが、駅ごとに乗客が増えてきた。といっても徳島駅の手前で50%程度の乗車率だった。

 この列車は牟岐線に乗りいれて、海部まで行く。私はこの区間は乗ったことがあるので、阿南で折り返し、11時35分徳島着。

 徳島駅12時24分発のうずしお14号で高松に向かう。途中の池谷から終点高松までがJR化後の未乗区間だ。うずしおは振り子を効かせながら、阿波と讃岐の国境を進む。讃岐相生付近からは右手にきれいな海が眺められた。高松に近づくと高架になり、13時31分自動改札も装備された高松着。これでJR四国全線完乗となった。

S200812sikoku_183

 駅前の讃岐うどん屋で遅めの昼食を取る。ぶっかけうどんにちくわ天を添える。値段は450円くらいだった。麺はもちもちとしてボリューム感があった。

 高松発14時09分のマリンライナーで岡山経由新幹線N700系で新横浜まで帰った。いつもながらのあわただしい旅行ではあったが、20年ぶり以上で乗る線もあり、懐かしかった。

« JR四国バースデーきっぷの旅 その5 | トップページ | トレインマークの誕生 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR四国バースデーきっぷの旅 その6:

« JR四国バースデーきっぷの旅 その5 | トップページ | トレインマークの誕生 »