2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 赤沢森林鉄道 | トップページ | 魚梁瀬森林鉄道 »

2008年11月 3日 (月)

王滝森林鉄道せせらぎ線

200811kiso_097 200811kiso_127 200811kiso_122
赤沢森林鉄道に乗った後、同じく長野県の王滝村にある森林鉄道に乗りに来ました。赤沢からは車で1時間ほどです。会場は王滝村のはずれにある松原スポーツ公園ですが、カーナビにしたがって来たのですが、王滝の市街で三回も道に迷いました。
ここでは森林鉄道フェスティバル実行委員会の方々が自分達で線路を敷設し、そこに森林鉄道を運行しています。年に一回だけイベントが開かれ、一般の人も乗れるようになっていて、そのため今日やってきたわけです。
公園の外周部分、紅葉がはじまった山の斜面をバックに走ります。戴いた資料では距離は565mとなっていますが、毎年少しづつ延長されているようです。一般から寄付を募り、その資金で運営されているようです。
車両はディーゼル機関車が一両の客車を引っ張るものでご覧の通りの可愛らしさです。客車は定員大人6人といったところで、内部にペダルやチェンジレバーがあるところからすると、単独でも自走可能かもしれません。
線路状態が良いので、乗り心地も悪くありません。所用時間は往復で10分ほどでした。無料で乗れるうえに、乗り終えた後、ここでも木製の記念乗車券をプレゼントされました。
レールスライスを売っていたので、お礼の意味をこめて一つ買いました。500円でした。
線路が延長されたら、また乗りに来てみたいです。

« 赤沢森林鉄道 | トップページ | 魚梁瀬森林鉄道 »

怪しい鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王滝森林鉄道せせらぎ線:

« 赤沢森林鉄道 | トップページ | 魚梁瀬森林鉄道 »