2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

« 第15回鉄道フェスティバル | トップページ | 碓氷峠鉄道文化むら »

2008年10月12日 (日)

青函トンネル

S200608seikan_018

一昨日、日本一短いトンネルをご紹介しましたが、今日は日本一長いトンネルである青函トンネルをご紹介します。この写真は2006年8月に開催された青函トンネルウオークです。青函トンネルウオークといっても列車の走るトンネルを歩くわけではなく、先進導坑と呼ばれる列車のトンネルの脇に設けられた試験用トンネルを歩きます。

S200608seikan_012

歩く区間はトンネル全部ではなく、吉岡海底駅から竜飛海底駅までの約23kmで、ちょうど津軽海峡の海底下の区間を歩きます。

S200608seikan_019

先進導坑といっても立派なトンネルです。事前にもらった資料では、気温は20度、湿度は90%とあります。暑くもなく、寒くもなく、Tシャツでちょうどいい気候です。直射日光もささず、車を気にする必要もなく、快適なウォークです。ただし、景色が変わらないので単調でもあります。

S200608seikan_029

すこし見づらいですが、ここは日本一低い水準点です。ここまでの区間はゆるい下り勾配でしたが、ここから先はゆるい上り勾配になります。1000分の10の勾配のはずです。

S200608seikan_045

こちらがウオークの終点竜飛海底駅です。約4時間半で踏破しました。北海道から本州まで歩いて渡ったことになります。

皆様も歩いてみたいと思うでしょうが、残念ながら現在は北海道新幹線の工事の関係でこのイベントは開催されていません。いつかまた機会があると思いますから、そのときはぜひどうぞ。

« 第15回鉄道フェスティバル | トップページ | 碓氷峠鉄道文化むら »

鉄道雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青函トンネル:

« 第15回鉄道フェスティバル | トップページ | 碓氷峠鉄道文化むら »