ただいまの時間

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

2019年5月21日 (火)

東北・上越新幹線上野駅開業記念碑

Img_0948_r

 上野アメ横にある「東北・上越新幹線上野駅誘致運動発祥の地」の記念碑です。

Img_0946_r

 東北・上越新幹線は計画当初の昭和46年には上野駅を設置する計画がなかったのですが、それに反発した台東区が住民運動を起こし、最終的に昭和52年に上野駅設置決定に持ち込みました。それをたたえるために設置されたのがこの記念碑です。近寄らないと何の記念碑かわからず、外国人観光客に限らず、これはアメ横の1スポットとして認識されているようです。

Img_0952_r

 こちらはそこから少し離れたところにある「東北・上越新幹線上野駅開業記念碑」です。昭和61年3月14日のことで、200系新幹線が描かれています。私も開業当日に初乗りに来ました。

2019年5月20日 (月)

東京駅レンガパンとあんコロネ

Img_1186_r

 東京駅エキュート内で見かけた「東京駅レンガパン」です。レンガの形にパンの中にあんことホイップクリームが入っていておいしいです。

Img_1181_r

 こちらはあんコロネ。パイ生地のコロネの中にあんこが入っています。中央線と思われる電車のイラストのホワイトチョコが乗っています。

 エキナカ散歩で探してみてください。

2019年5月19日 (日)

飯能短絡線

 西武鉄道の飯能駅はスイッチバック式になっていて、そこから先秩父方面に行くには進行方向を変えて進みます。しかしそれでは不便なので飯能駅手前から東飯能駅にショートカットする線が計画されていました。

Img_0994_r

 飯能駅手前で北側に分岐します。用地だけは確保されていて、こんな感じで空き地が続きます。広さからして複線用地です。

Img_0992_r

 緩やかな右カーブを描いて北上します。

Img_0985_r

 西武鉄道の資材置き場として利用されている部分もありますが大半は空き地です。

Img_0977_r

 東飯能駅の手前で本線と合流します。ここを入る列車を早く見たいものですが、計画は休止のようですが、実現の可能性は0に近そうです。

2019年5月18日 (土)

飯能駅リニューアル

Img_1297_r

 ムーミンバレーパークのオープンに合わせて飯能駅が最近リニューアルされました。北欧の素材を活かした駅になりました。

Img_0970_r

 ムーミンたちがお出迎えです。

Img_1295_r

 改札口前の天井も不思議なオブジェで飾られています。

Img_0971_r

 ホームに降りる階段もご覧の通り。

Img_1300_r

 ホームもこんな感じです。「埼玉の北欧」飯能へ一度出かけてみてはいかがでしょうか。

2019年5月17日 (金)

入間馬車鉄道

Img_0973_r

 今から100年以上の前の1901年5月10日、埼玉県の入間川町(現在の狭山市)と飯能町(現在の飯能市)とを結ぶ入間川馬車鉄道が開業しました。馬車鉄道とは動力が馬の鉄道で、鉄道創成期には蒸気や電気によらない簡易な鉄道として路線が設けられていた時代がありました。その後入間馬車鉄道は、武蔵野鉄道(現在の西武池袋線)の開業により、1917年に廃線になりました。

 当時の遺構は全く残っていませんが、狭山市駅と飯能駅近くにはそれを示す案内板が残っています。

Img_0935_r

 また狭山市立博物館には馬車鉄道のレプリカが展示されています。

 

«東武鉄道ほぼ乗りつくしの列車旅(伊勢崎線)