2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

無料ブログはココログ

2022年1月21日 (金)

第18回伊豆急全線ウォーク(伊豆大川→伊豆北川→伊豆熱川)

20_20220110095201

 伊豆高原発12時30分の伊豆急下田行きに乗車。この列車はここで後部3両を切り離すとともに上り列車との交換待ちで13分間停車する。すると隣のホームに池袋始発の踊り子5号が約1時間遅れでやってきた。横須賀線内の遅れの影響らしい。伊豆急行線内は基本的に追い越しや緩急接続がないので貴重な体験だ。踊り子をやり過ごし、こちらはその影響もなく定時に発車した。 

 伊豆高原から伊豆大川の区間は災害による道路不通のため全員が電車移動になっている。12時34分伊豆大川で下車。伊豆高原から先はワンマン運転なのだが、運転士による乗車券の確認はなく、乗客は勝手に改札を出る仕組みになっている。約1時間ぶりにウォーキングを再開する。休憩のせいで足がなまって足取りが重い。 

21_20220110095201

 沿道は建物が取り壊され更地になった土地も散見され、無人と思われる建物も多い。以前は必ず犬に吠えられた喫茶店来夢来人も今は営業していない。 

22_20220110095201

 伊豆北川駅入口を示す小さな看板を左に曲がり国道をくぐった後、急坂になり駅に到着。

23_20220110095201

 ちょうどサフィール踊り子号が入線してきた。サフィール踊り子号を撮影し、再び急坂を上る。コース屈指の急坂だ。伊豆大川・伊豆熱川間のコースレベルはBだが、ここだけ切り取ればレベルはEだろう。急坂の距離が短いのが唯一の救いだ。

24_20220110102101

 急坂が終わり、緩やかなアップダウンが続くうち、リゾートマンションや温泉旅館が現れ、13時45分伊豆熱川駅着。駅前の足湯で休息する。

2022年1月20日 (木)

第18回伊豆急全線ウォーク(伊豆高原駅)

 伊豆高原駅に11時30分に到着。駅に併設されたやまもプラザで2022年の伊豆急カレンダーに採用された写真の展示会が開催されているので、それを見学するため途中下車した。

16_20220110093301

 伊豆急のカレンダーは一般からの応募で選定されており、最優秀賞が1月に、その他の優秀賞が2月から12月までに割り振られている。

15_20220110093301

 選外の作品も展示されている。どれも甲乙付け難く、出来不出来は私には分からない。157系特急あまぎの雪景色の写真もあり、相当昔の写真だ。

14_20220110093301

 展示会場のすぐそばに伊豆急資料館129が移転されていた。

13_20220110093301

 伊豆急全線ウォークの完歩賞のコレクションBOXも展示されていた。私の持っているものも博物館級になったわけだ。

17_20220110093301

 ちょうどお昼時なのでやまもプラザ内にあるベーカリー「パン工房アプレ」のイートインコーナーで焼きたてパンを食べる。

18_20220110093301

 まだ時間があったので駅前の足湯でひと休みした。お湯は少しぬるめで物足りない。

2022年1月19日 (水)

第18回伊豆急全線ウォーク(川奈→富戸)

 川奈駅に併設された東急ストアでドリンクを買って9時40分、次の富戸へとスタートした。距離は7.2km、コースレベルはBだが、道幅が狭いところがあり、その割りに交通量が多いので慎重さが求められる区間である。

9_20220110091501

 赤い屋根という名前そのままの喫茶店の前で毎回のように写真を撮る。よく晴れていて真鶴半島がくっきり見える。途中から歩道がなくなり、後ろからのクルマを気にしながら歩いていく。クルマの音もうるさいので、静かにウォーキングを楽しめる区間ではないのが残念だ。

10_20220110091501

 大島もくっきり見えるなか11時10分富戸駅到着。

11_20220110091501

 ちょうど踊り子3号が交換待ちのタイミングだった。ここから先伊豆高原まではミスターAN氏と歩く予定にしているので電車で移動する。

12_20220110091501

 富戸駅は相対式の長いホームでベンチに座って列車を待っていると、他の乗客もいないのでのどかな気持ちになりウォーキングの疲れも癒えてくる。富戸駅発11時24分の電車に乗り、伊豆高原には11時30分に到着した。

 

2022年1月18日 (火)

第18回伊豆急全線ウォーク(南伊東→川奈)

5_20220110090701

 南伊東に8時30分に着く。この時間帯は駅は無人だ。前にはなかった待合室が新設されていて暖房がよく効いている。この駅が伊豆急全線ウォークのスタート駅になるのだが、駅の営業開始時間が10時40分からなので、早く来ても参加券の購入ができないので注意が必要だ。この時間ではウォーキングのスタート駅の資格がない。

 南伊東ではほとんど休まずにスタートする。ここから川奈までは距離5.3km、コースレベルはBで、ルートは前年と変わらず歩きなれた区間である。ヤマダデンキを過ぎると上りが続く。暖かい季節だと上着を1枚脱いで歩く区間だが、まだそこまでの状況ではない。日曜日の午前中だが意外と交通量が多くひっきりなしにクルマが通り、のんびりとウォーキングを楽しめるわけではないのは残念だ。

6_20220110090701

 前回歩いた時、この看板を見落として直進し後から間違いに気付いたので、今回はしっかりチェックする。

7_20220110090701 

曲がった先は車1台がやっと通れる道で普通はこんなところを曲がるとは思わない。

8_20220110090701

 アップダウンを繰り返して9時35分川奈駅に到着。ちょうど伊豆急下田行きが到着したところだ。バッジの引き換え駅が限定されているので、ここでは儀式は何もない。川奈駅も南伊東駅と同様10時40分からの営業開始になっていて、下車客の中には無人であることに驚いてる人もいた。

2022年1月17日 (月)

第18回伊豆急全線ウォーク(南伊東まで)

 1月9日に第18回伊豆急全線ウォークの1回目に行ってきた。今回は1961年12月に開業した伊豆急行線の開業60周年の年にあたり、完歩賞のコレクションBOXにも「伊豆急行線開業60周年」の表示がされる。私自身も今回が伊豆急全線ウォーク15回目の参加に当たる記念すべき回次になる。ここ数日オミクロン株により感染者数が急増している状況ではあるが、感染防止ルールに従い、ウォーキングに行ってくることにした。

 今回の伊豆急全線ウォークでは南伊東・川奈間だけ歩くお試し区間の設定と駅間距離が長い区間電車移動を認めるおたすけきっぷの導入が行われたが、全区間を歩き切ろうと思っている私には関係ない。各区間の参加券が1,000円に値上がりしたが、1月10日の時点で既にネット販売分はすでに完売となっていた。私はすでに11月に参加券を購入してあるので影響はないが、自分の都合のいい時に予約なしで参加できるのが魅力の一つだったので残念ではある。

1_20220110085001

 東海道線根府川付近で日の出を見て、熱海で乗り換える。

2_20220110085001

 ニューデイズで朝食を購入し、それを食べながら伊東線を進み、伊東駅に7時49分に到着。

11_20220110085001

 今日のこの後の行程を勘案し、伊豆急全線が乗り放題になる伊豆満喫フリーきっぷ1,900円を購入。このきっぷは伊豆急のきっぷなのにJR伊東駅でのみで販売されている。

 伊豆急全線ウォークのスタート駅は前回から伊東駅から南伊東駅に変わったが、昨年同様伊東駅から歩き始める。東京はおととい大雪警報が出る積雪だったが、伊東付近は日陰に若干雪が残るところもあるが、ウォーキングに支障はない。冷え込みもそれほどではなく快適なウォーキングが楽しめそうだ。いつものように駅の写真を撮ってから8時05分にスタートした。

4_20220110085001

 古い映画の看板を再現したアーケード商店街のキネマ通りを通る。「キューポラのある町」や「紅孔雀」の看板などがある。寒さは厳しくはないのだが、それでも朝8時なのでマスクをしているとメガネがくもって歩きにくい。人通りがほとんどないのでマスクをずらして歩くことにした。人とすれ違う時だけマスクを戻せば問題はないだろう。

«ゆる鉄画廊NOMAD&駅弁大会