ただいまの時間

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

2017年11月19日 (日)

新線を歩こう!伏屋駅高架完成記念ツアー(東横イン中部国際空港本館)

8259_r

 今夜の宿は中部国際空港近くにある東横インだ。空港から連絡ブリッジを渡り、5分ほどで到着。

Dsc00547_r

 部屋の様子はごく普通。食事は長崎空港で済ませたのでここでは食べない。

8262_r

 翌朝の朝食会場の様子。この東横インでは朝6時から朝食が取れる。早朝便の飛行機にも対応できるような配慮からだろう。6時15分頃に行くとご覧のような状態。客室数が1000くらいあるので利用者も多く圧倒される。しかも大半の利用者が中国人だ。会場内の案内表示も中国語で、飛び交っている言葉も中国語で、とても日本のホテルとは思えない。

8265_r

 肩身の狭い思いをしながら朝食を食べる。東横インだと通常は朝食におにぎりもあるはずだが、品切れなのか、ここはパンだけだった。

 戦場のような朝食を済ませ、空港まで向かう。ホテルから空港へは歩いても行けるのだが送迎バスもあるので利用してみた。私が乗り込むとすぐに発車した。客は私しかいない。

Dsc00556_r

 運転手は私が首からカメラをぶら下げていたので航空機マニアと思ったのか、あそこにボーイング787の1号機が止まっているから写真を撮りなさいと言って車を止めてくれた。なぜ初号機がここにあるのかは聞きそびれたが、今は野ざらしの状態だが数年後には専用の展示施設ができて、そこまで人力で引っ張っていくイベントがあるとのこと。

 後から調べるとボーイング787の機体の35%は日本製で、その部品がこの中部国際空港からドリームリフターと呼ばれる大型輸送機でアメリカに輸送されたことが縁で、試験飛行の役割を終えた1号機がボーイング社から中部国際空港に寄贈されたらしい。

2017年11月18日 (土)

新線を歩こう!伏屋駅高架完成記念ツアー(長崎空港)

Dsc00537_r

 道の駅に立ち寄った後、長崎自動車道経由で長崎空港に向かった。レンタカーの営業所で車を返却し、送迎のワゴン車で空港に到着した。

Dsc00538_r

 展望デッキからの眺め。すでにほとんど日が落ちている。道の駅夕陽が丘そとめではどんな景色が展開しているのだろうか。

8251_r

 空港内のレストランで長崎ちゃんぽんで夕食とする。空港内のレストランなのでそれほど期待せずに入ったが野菜の甘みがよく出ていておいしいちゃんぽんだった。なおこれはミニちゃんぽんだが、東京あたりではミニでなく一人前で十分通用するボリュームだった。ここではノーマルのちゃんぽんだと女性は食べきれないだろう。

Dsc00541_r

8252_r

 飛行機の出発は20時05分で少し時間があったので空港内のゴールドカードラウンジでひと休みした。

8254_r

 ここからANA374便で中部国際空港に向かう。今回の旅のメインである「新線を歩こう!伏屋駅高架完成記念ツアー」が名古屋で開催されるからだ。

 機種はボーイング737-800で通路をはさんで左右に3人がけが並ぶ構造だ。私は主翼の少し前の窓側席を予約しである。機内はほぼ満席にもかかわらず運良く私の隣だけは2席とも空いていてゆっくりと過ごせそうだ。

 北に向かって離陸し、すぐ右旋回して東に進路を変えた。

8257_r

 機内ドリンクはゆずドリンクをいただいた。

 夜なのでどこをどう飛んでいるかも分からないまま中部国際空港が近づき高度が下がり、右下に長島スパーランドを見て、伊勢湾を北から南に横断して中部国際空港に着陸した。

2017年11月17日 (金)

新線を歩こう!伏屋駅高架完成記念ツアー(道の駅夕陽が丘そとめ)

Dsc00521_r_2

 池島炭鉱ツアーを終えて船で神浦港に戻る。行きはフェリーだったが帰りは高速艇で、旅行者らしい若者も多く20人くらいは乗った。10分ほどで神浦港に到着する。港に違法駐車しておいたが、駐車違反のステッカーは貼られておらずホッとして車に乗り込む。

 今日はこの後長崎空港から飛行機に乗るのだが、途中で道の駅夕陽が丘そとめに立ち寄ることにしている。前回池島炭鉱ツアーに参加した時、長崎駅から送迎車が道の駅に立ち寄ったのだが、そこからの眺めが素晴らしかったのでまた来ることにしたのだ。神浦港からは車で10分ほどのところにある。

Dsc00528_r

Dsc00533_r

Dsc00524_r

 高台から角力(すもう)灘を臨む絶好のロケーションで夕陽がきれいらしい。この時は夕暮れには2時間ほどあり、残念ながらそれを見られないが、それでも雄大な眺めだ。

Dsc00525_r

 道の駅の隣には遠藤周作文学館もある。遠藤周作は代表作「沈黙」の舞台となったこのそとめの風景をこよなく愛したと伝えられていて、遠藤没後に遺族や関係者がこの地での文学館建設を企図した。

2017年11月16日 (木)

新線を歩こう!伏屋駅高架完成記念ツアー(池島炭鉱)

Dsc00439_r

 驚いたことに事務所に入ると私の他に7名の参加者がいた。私のフェリーよりも前の便でこの島に着いていたようだ。ここで本ツアーの代金2680円が集金される。

 私は池島炭鉱ツアーに8年ほど前に参加したことがある。その時は島内を一回りした後に炭鉱の施設跡で説明を受け、そこからマイクロバスでケーブル乗り場に行った。そしてケーブルカーに乗り込み、1分ほどで抗内に着いた。

 ところが最近YouTubeの動画で池島炭鉱ツアーの様子をたまたま見かけると私が乗ったのとは別のトロッコで坑内に入っていくではないか。前からある別の線に見学者が乗れるようにしたようだ。未乗の線になるわけでこれにも乗りたくなり、今回わざわざ参加したのである。

 ヘルメットを装着させられ、まず池島炭鉱に関するビデオを見せられる。ビデオを見終わった後、トロッコ乗り場に歩いて向かう。3両編成で三井のマークが付いている。

Dsc00443_r

 ご覧の車両に乗り込み、坑内へと向かう。

Dsc00454_r

 ゴロゴロとゆっくりとほぼ水平に進んで行く。乗り心地は悪い。窓ガラスはなく金網だ。

Dsc00462_r

Dsc00505_r

 1分ほど走ると抗口となり、さらに1分ほどで終点に到着した。走行距離は目測で300mほどだろうか。

Dsc00476_r

 トンネル内で線路は何箇所にも分岐している。

Dsc00472_r

 坑内の炭鉱施設を見学して回る。5月に行った釧路の炭鉱展示館は後から観光用に作られた施設だったが、ここは炭鉱そのものを見学施設として再利用しているので迫力が違う。地面がぬかっていて足下の悪いところもある。

Dsc00494_r

 坑内では担当者により約30分ほど炭鉱施設の見学があり、それが終わると再びトロッコに乗り、地上に出て炭鉱ツアーは終わった。

2017年11月15日 (水)

新線を歩こう!伏屋駅高架完成記念ツアー(池島まで)

 西海橋を眺めた後、神浦(こうのうら)港に行ってそこから船で池島に渡り、長崎さるく主催の池島炭鉱見学ツアーに参加することになっている。午後のコースに参加するには神浦港発13時30分のフェリーに乗ればよい。神浦港は公共交通機関だけで行くのはとても不便なところなのでレンタカーを借りたのだが、ツアーの案内書によると神浦港には駐車場がないので車で神浦港に来る人は電話で相談してほしいとなっていた。

 ツアーの2週間ほど前に電話をすると、神浦港周辺は県有地になっていて、そこに他の車も止まっているのでそのあたりに止めてもらえばいいとのこと、過去20年くらいそれでやっているが特に問題はないですとの案内。つまり違法駐車してくれということだが、過去に何のおとがめもないので安心してほしいということでもあるらしい。これでは案内書に書けないわけだ。

Dsc00407_r

 出航の30分ほど前に港に到着。指示に従い岸壁に車を止めた。特に駐車禁止の表示もないので問題はなさそうだ。

Dsc00416_r

 乗船券を買って出航を待つ。フェリーなので乗用車も乗れる。ここからは1台乗った。

Dsc00424_r

 13時30分定刻に出航。乗客は私を含めて3人しかいない。1人は車で乗り込んだ釣り人風の男性、もう1人は池島の人と思われる買い物帰りの年配の女性だ。午後の池島炭鉱ツアーに参加するにはこの便に乗らないといけないので、参加者はどうも私1人だけのようだ。

Dsc00431_r

 池島に着くとツアーの案内人が岸壁で待っていた。その人の車に乗ってツアーの集合場所へと向かった。

«新線を歩こう!伏屋駅高架完成記念ツアー(西海橋)