ただいまの時間

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

2018年1月24日 (水)

新潟新幹線車両センター一般公開の旅(ぽんしゅ館)

Img_0411_r

 新潟駅で再び解散となり、1時間ちょっとのフリータイムとなる。この間でおみやげを買うため、西口にあるぽんしゆ館に行ってみた。ここにはおみやげコーナーとともに利き酒ができるコーナーがある。

 入り口で500円支払い、コインを5枚もらい、このコイン1枚で日本酒がおちょこで1杯飲めるのだ。おちょこをセットし、コインを入れてボタンを押すと1杯分の日本酒が出てくる。

Img_0410_r   

 ご覧の通りズラリと並んでいて日本酒が全部で100種類くらいある。全て新潟のお酒だ。

Img_0404_r_2

 日本酒の味の違いが全く分からないので、どれを飲んでいいのか迷う。K酒造というのもあり、同姓のよしみで飲んでみた。

 おつまみもなしに飲むと酔っぱらいそうなのでキュウリをもらう。このキュウリはコイン1枚で引き換えられる。みずみずしくおいしい。

 そのあとぽんしゅ館に隣接するコーナーでおみやげを買った。

2018年1月23日 (火)

新潟新幹線車両センター一般公開の旅(車庫線帰路)

​  お弁当を食べ終えてもまだ時間がある。外は日差しも強くなって来て出歩くのも大変そうなので、結局14時まで食堂の中で過ごした。新潟新幹線車両センターからの帰りの列車には乗らずに新潟駅で集合する人もチラホラいた。

  帰りの車両では日本旅行の添乗員の方から参加の動機を聞かれたので、「普段乗らない線に乗れるので」と答えると「貨物線の旅はどうですか」と聞きてくる。それもぜひお願いしますと答える。添乗員の方は鉄道全線完乗者で、最長片道切符の旅もやったことがあるそうで、その時は自分で発券した切符で旅をしたとのこと。仕事を休まずに旅をしたので、ルートを何度も中断したが切符の有効期間内で旅を完了したそうだ。

 同じ車両にはホリプロマネージャーの南田裕介さんも乗車されていた。テレビで見るようなテンションの高さはなく、ごく普通に見えた。

Img_0392_r

 14時45分に検修庫を出て再び洗車機を通過するが帰りは水は出ない。

Img_0394_r

 着発庫でいったん停車し、15時00分に複線の線路を進み、15時07分新潟駅14番線に到着した。

2018年1月22日 (月)

新潟新幹線車両センター一般公開の旅(新潟新幹線車両センター)

Img_0323_r

 直通列車を乗り終えて作業用ホームから下車する。

Img_0337_r

 今日はこの直通列車の運転とともにこの新潟新幹線車両センターで一般公開が開催されていて、降りた場所が見学コースになっていた。

Img_0346_r

 空気ばね

Img_0347_r

 ディスクブレーキ

Img_0348_r

 連結器

 新幹線の車両を下から見上げられ、排障器や台車、連結器の様子がよく分かる。

Img_0358_r

 検修庫を抜けて500mほど歩いたところに、E4、E6、E7系が勢ぞろいしている。

Img_0365_r_2

 ちょうどその時回送のE2系も来たので4編成横並びの写真が取れた。

 今回のイベントはこのほかはミニSLや物販などで11時にはあらかた見学を終えてしまった。帰りの列車の集合が14時なので時間を持て余す。

Img_0379_r

 社員食堂が休憩スペースとして解放されていたのでそこでお弁当を食べた。

Img_0382_r

 この駅弁はツアー参加者に配られた新発田三新軒の焼漬鮭ほぐし弁当で、しょうゆ味の焼き鮭の切り身がほぐしてありおいしかった。

2018年1月21日 (日)

新潟新幹線車両センター一般公開の旅(車庫線)

Img_0279_r

 新潟駅では20分停車し、10時ちょうど11番線から新潟新幹線車両センターに向けて発車した。新潟新幹線第一運転所というのが駅名の正式名称とのことで距離は5.1km、カーブが多いので立ち歩かず着席してほしいとのアナウンスがある。転倒するほど大揺れするわけでも無かろうに最近は安全に気を配り過ぎる風潮がある。

Img_0285_r


列車は新潟駅を出ると右にカーブした後、緩やかな左カーブで進む。

Img_0288_r

 スピードは意外と出ていて体感で時速80kmくらいはあると思われる。

Img_0289_r

 地平に降りるといきなり車体に洗浄液が吹き付けられた。これから洗浄線を通るのでその事前準備と思われるが、洗浄線はすぐにはやって来ず車窓はぼやけたままで他の参加者も困惑している。

Img_0295_r

 まず着発庫に入る。

Img_0300_r

 出発待機中のMAX。

Img_0312_r

 着発庫を抜けるとようやく洗浄線を通過する。

Img_0316_r

Img_0318_r

 その後、仕交検庫5番線に入り、10時15分列車は停車した。これで今回の旅の主目的は達した。

2018年1月20日 (土)

新潟新幹線車両センター一般公開の旅(上越新幹線開業35周年記念号)

​ 10月14日の新潟新幹線車両センター一般公開に合わせて、上越新幹線開業35周年記念号が東京から新潟まで運行され、その列車はさらに新潟駅から新潟新幹線車両センター内まで運行される。普段は乗れない線に乗れるとなれば都合の許す限り乗りたい。当初は予定が合わず乗れないはずだったが、仕事を調整して乗れることになった。

  今回の記念列車は各旅行会社から発売されていて、私は最後まで募集をしていた日本旅行のツアーを予約してある。往復で18,000円となっている。

  上越新幹線は1982年11月の開業で、本来であれば東北新幹線と同時開業となるところだったが大清水トンネルの異常出水によるルート変更に伴い東北新幹線より5ヶ月遅れの開業になった。私は開業翌月に乗った。その時は上越新幹線の初乗車とともに、今は廃線になった弥彦線の東三条・越後長沢間や赤谷線などに乗った。

​  ツアーは10月14日7時10分東京駅八重洲北口に集合となっている。​ 集合場所には7時少し前に到着。今回の参加者は25名くらいで男性の乗り鉄風が半分、家族連れが半分といった構成だ。

Img_0247_r

 全員がそろい、22番線ホームに上がる。車両はE2系10両編成で、我々は先頭車になる。

Img_0246_r

 今回は記念列車なのにホームで出発式などもなく、発車案内板も単に団体表示だけだった。

 7時28分定刻に発車した。今日の東京は雨模様だ。車内は5割程度の乗車でそんなに混み合っているわけではない。車掌からは上越新幹線開業に至る歴史などが紹介される。 上野、大宮と停車するが、乗車はわすかだ。駅の停車アナウンスの前には上越新幹線開業時に使用されていた車内メロディが流れてきて昔懐かしい。

Img_0252_r

Img_0261_r

 大宮を出ると今回のイベント参加者用のグッズやパンフレットが配られる。 熊谷にも停車したが、本庄早稲田は通過し、高崎には停車した。上信電鉄の車庫にはJRでは引退した107系が停留していた。 22,221mの大清水トンネルを抜け新潟県に入ると雨も止み、晴れ間も見える。 高崎から先は全て通過となる。長岡を過ぎると大宮から新潟までの車内メロディを全ての通しで流してくれた。

Img_0273_r

 新潟駅には9時40分に到着。現在新潟駅在来線は高架化工事中で完成時には新幹線ホームの隣に特急いなほ用のホームができて同じホームで乗り換えができるようになるとのこと。

«第14回伊豆急全線ウォーク(大宮まで)