ただいまの時間

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

2017年7月28日 (金)

秦野駅

Dsc01100_r

 秦野駅は1996年に改築され、そのデザイン性の高さからグッドデザイン賞を受賞するとともに関東の駅百選にも認定された駅です。こちらは北口の様子。

Dsc01101_r

 こちらは南口の様子。

Kouken_037

 関東の駅百選に選ばれた時の記念硬券入場券です。

Dsc01097_r

 駅前の「まほろば大橋」。下を流れる川は水無川。その名の通り本当に水が流れていません。

Dsc01089_r

 川の両岸は遊歩道になっていて、いい雰囲気を醸しだしています。

2017年7月27日 (木)

相模大野駅

Dsc01052_r

 小田急線の相模大野駅は2面6線の構造で、中央部2線が通過線で、その両側に島式ホームを1面ずつ備えるというダイナミックな配線になっています。

Dsc01050_r

 かつての小田急は10両編成の電車を6両と4両に分割する木目の細かい車両運用を行っていて、この相模大野や海老名で分割・併合を行っていました。

 駅のアナウンスでも「分割案内板Aを境に前6両が急行小田原行、後ろ4両が急行片瀬江ノ島行き」などと放送していました。最近は基本的には分割併合を行わないため、こういう放送を聞くこともなくなりました。天井から吊るされていた分割案内板も撤去されましたが、ホームの表示はまだ残っていました。

 それともう一つ相模大野駅で特徴的なことは、東林間以遠の駅と小田急相模原以遠の駅の運賃計算をする場合、相模大野駅までの距離で計算するのではなく、相模大野駅西方0.2km地点にある相模大野分岐点と呼ばれる場所で計算するようになっています。かつて相模大野駅が現在地より0.2km西方にあった名残だと思います。したがって実際に乗る距離よりも合計0.4km短い距離で計算されます。このような計算方法はとても珍しいです。

Kouken_036

 こちらは駅舎が新築移転し、関東の駅百選に選ばれた時の記念硬券入場券です。

2017年7月26日 (水)

釧路・根室の簡易軌道展@国際鉄道模型コンベンション

Jam2017a2724x1024
  8月18日から20日まで東京ビックサイトで「国際鉄道模型コンベンション」が開催されます。私は模型にはあまり興味がないのですが、このコンベンションの中で先日このブログでも取り上げた「釧路・根室の簡易軌道展」も開催されるようです。パネル展示の簡単なもののようですが、東京でこの展示が見られるのはありがたいことです。

 私は「新緑の道東鉄路歴史探訪二日間」のツアーの際にこの展示の図録を買い求めましたが、750円なのに内容がとても充実していて、読み終えるまで1ヶ月ほどかかりました。図録はこの会場でも購入できます。

 最近簡易軌道が注目されているようですので、みなさまもぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか。

2017年7月25日 (火)

大宮駅ビル

7763_r

 昨日大宮中央デパートの話をしましたが、今日はそれと同じ頃できた「大宮駅ビル」の話です。今はルミネ1と名前を変えていますが、年配の人は駅ビルのほうが通りがいいでしょう。

 大宮駅に隣接して建っていて、大きさは大宮中央デパートと同じくらいでしょうか。こちらは駅に直結していて利用者も多いので、まだ建て替えの話は出ていませんが、築50年なのでそう長くはないかもしれません。

 ここの思い出は地下にあったホットドッグコーナーです。中学になって塾通いを始めた私は塾に行く前にここで軽く腹ごしらえをしたのです。立ち食いのカウンターがあり、注文するとホットドッグをその場で作ってくれます。それに自分でケチャップをかけて食べます。たしか1本200円くらいだったと思います。1本で足りなくて2本食べることもありましたが、あの頃は何を食べても太らなかったのが不思議です。

 

2017年7月24日 (月)

大宮中央デパート閉店

7917_r

 大宮駅東口にある「大宮中央デパート」が先月閉店になりました。1966年の開業なのでもう50年も経ちます。

 大宮中央デパートはデパートは言いながらいわゆる百貨店とは異なり、今で言うと複合商業ビルという感じで、1つのビルの中で複数のテナントが営業している形態です。最近はパチンコ店や居酒屋などが中心になりましたが、その昔は服飾、化粧品、スーパー、飲食店、書籍、電気製品など一通りのお店がそろっていました。

 私が小学校の頃は夏休みになると映画の上映もやっていました。祖母に連れられ、ウルトラマンやウルトラセブンなどを見ました。上層階のフロアーの一角を暗幕で仕切り、椅子はなく、床にゴザが敷かれ、その上で見ました。

 中学校になり塾通いを始めた私は行き帰りにここに立ち寄り、3階にあった「王様のアイデア」をのぞくのが楽しみでした。「王様のアイデア」は生活雑貨のアイデア商品を販売するお店で、商品がショーウインドウに入っているのが特徴でした。売っていた商品で記憶に残っているのは安眠マスクや空気枕、オペラグラスなどですが、今で言う100円ショップよりは高い値段ですが、それでもこんなものがこんな安い値段で買えるのかという驚きがありました。

 今となっては昭和レトロなビルになっていまい、私も最近はここの最上階にある居酒屋くらいしか利用しませんでしたが、独特の存在感があるデパートでした。

 このビルは今後取り壊され、18階建てのビルに生まれ変わるようで、その時が楽しみです。

«SGET千葉ニュータウンメガソーラー発電所