ただいまの時間

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

『ミスターKの乗り鉄日記』の過去の記事はここから調べられます

ミスターKの乗り鉄旅日記ランキング

アクセス情報

無料ブログはココログ

2017年5月26日 (金)

「新緑の道東鉄路 歴史探訪2日間」の旅(​​​太平洋石炭販売輸送春採駅1)

Dsc00150_r

 炭鉱展示館で炭鉱に関する基礎知識を習得した我々は続いて運炭列車の見学を行うために太平洋石炭販売輸送の春採駅に向かった。同社はかつては釧路臨港鉄道と呼ばれ、釧路コールマイン(太平洋炭鉱)が採掘した石炭を春採(はるとり)駅から釧路港に近い知人(しりと)駅まで貨車輸送する会社である。以前は旅客輸送も行なっていたが現在は石炭輸送のみである。

Dsc00154_r

 駅構内で星さんから説明を受ける。

Dsc00152_r

 石炭輸送専用貨車は1編成24両(積載数量720t)で、編成の前後に機関車を配置するプッシュプル方式を採用し、連結器の操作や荷卸は運転室からリモートコントロールで行っている。

Dsc00163_r

 残念ながら5月は石炭の産出が減少する時期でこの日の運行はなかった。春採駅を発車した列車は知人駅の手前で走行中に12両ずつに分割され、前の12両と後ろの12両がそれぞれ別の荷降ろし線に入り、高架橋の上から石炭を下に放出する仕組みになっている。ここが中間部で自動的に分割される。その様子は多くの人がYouTubeの動画にアップしているので興味のある方は探してみてください。荷降ろしが終わり、春採駅に戻るときにも自動で連結される仕組みになっている。意外と人手がかからないシステマティックな運行になっている。

Dsc00167_r

 知人駅に向かって先頭になる機関車は電気式DLで、後部は通常のDLになっている。電気式DLとはディーゼルエンジンで発電し、その電気でモーターを回す方式の機関車でJRでも最近DF200型で採用されているが、ここでは1970年から採用されている。その技術はアメリカのGE(ゼネラルエレクトリック社)によるものらしく、それを示すプレートが付いている。

Dsc00160_r

 貨車は2両で1ユニットになっていて中間の台車は連接台車になっている。

Dsc00157_r

 石炭を下ろすときは貨車の下が開くようになっている。真冬の時は石炭が凍結して落ちないこともあり、そういう時は機関車で車両を前後に揺すって振動を与えて石炭を落とすこともあるらしい。

2017年5月25日 (木)

「新緑の道東鉄路 歴史探訪2日間」の旅(炭鉱展示館)

​ 和商市場での昼食を堪能した後、再びバスで移動する。案内人の星さんの母校釧路湖陵高校前を通過し、太平洋炭鉱の炭鉱展示館に向かう。太平洋炭鉱は大正時代から釧路で炭鉱を運営していたが、太平洋というくらいで釧路沖の海底炭鉱だった。その後エネルギー革命やそれに伴う国の石炭政策の変更などで業績が低迷し、2002年には閉山となった。現在は釧路コールマインという会社が事業をそのまま引き継ぎ、国内で唯一採炭しているとともに、外国人研修生の受け入れを行っているらしい。

Dsc00119_r

 この展示館は高台の丘にあり外見はこじんまりとしているが、地下にも展示施設があり、中は意外と広い。釧路の炭鉱の歴史や採掘の方法、坑道の様子や坑道で使用されたドリルカッターやトロッコなどが展示され、かつて太平洋炭礦で働いていて人がガイドをしていて当時の様子を教えてくれる。

Dsc00124_r

 坑道は7〜8km先まで続いているが、今はあまり深いところまで掘り進めておらず、手前の上部層が中心らしい。

Dsc00130_r

Dsc00132_r

 ドリルカッターで掘り進めて、その後を1メートル間隔でシールド枠をはめている。この炭鉱は採炭できる層は厚さ10m前後はあるらしいが、機械の関係で2.8mの高さで掘っていき、その上や下は掘らないらしい。もったいないようだが、機械やシールドの設置の関係でそうなっているらしい。

Dsc00122_r

 展示館の人によると、炭鉱マンはかつては身入りのいい仕事で、住宅、水道、石炭はタダで福利厚生も充実していたとのこと。ただし炭鉱事故が起きると命の保障はなく、また自分は命を落とさなくても大規模な事故が起きた炭鉱は閉山になってしまうことが多いので、突然路頭に迷うことになる。そういった場合、雇用保険の給付などは通常の失業よりはかなり手厚くなっているとのこと。

 ところで私は今まで日本全国を旅行し、旅先で博物館や展示館を見ることも多かったが、たいていは誰の解説も受けずにひとりでざっと見て、何だか古いものが展示してあるなあといった感じで分かったような分からないような感想を持つことが大半だったが、今回は元炭鉱マンの解説付きでとても分かりやすく良かった。今後はそういった人たちの力を借りて見聞を広めたいと思った。

2017年5月24日 (水)

「新緑の道東鉄路 歴史探訪2日間」の旅(幸町公園)

Dsc00108_r

 和商市場での食事を終えて、その裏手にある幸町公園に行ってみた。星さんやバスガイドさんの話で、そこに蒸気機関車が静態保存されているとのこと。昭和天皇の行幸の際にお召し列車を牽引した由緒ある車両らしい。星さんは国鉄OBの仲間とボランティアでこの蒸気機関車の清掃作業を行っていて、その仲間の中にはそのお召し列車の機関士もいるとのこと。こちらも釧路製作所と同様屋根付きなので状態はいい。

Dsc00102_r

 その蒸気機関車を見学していると、そばにまくらぎが無造作に置かれている不思議な空間がある。

Dsc00104_r

 あたりを見回すといかにも廃線跡らしい雰囲気を醸し出している。

Dsc00105_r

 周辺を少し歩いてみると国鉄釧路工場跡地の碑があった。今は釧路地方合同庁舎があるあたり一帯が工場だったらしい。ここから本線まで引き込み線があって現在の地図を見てもそれらしき弧を描いている道路がある。引き込み線は釧路駅に直通する線形ではなく、新富士駅方面から釧路駅手前で分岐してここまで続いていたようだ。

2017年5月23日 (火)

「新緑の道東鉄路 歴史探訪2日間」の旅(和商市場)

​  和商市場は1954年にその当時の露天商などが集まってつくった市場で、釧路駅からも近く信号待ちの時間も含めて歩いても5分もかからないところにある。ここは市場なのでいろいろな海産物やみやげ物が買えるのだが、その他に勝手丼と言って、お店でご飯を購入し、その上にいろいろな食材を乗せてもらいマイチョイスの海鮮丼を作ることできて、それが人気になっている。

Dsc00096_r

 市場の中の店が全て勝手丼をやっているのではなく、海産物の販売しかやっていない店も多い感じだ。どこの店にしようかと何となく眺めていると「日本の方ですか?」とお店の人から声がかかる。海外でもないのに日本の方ですかでもないだろうが、最近は中国や韓国からの旅行者も多いのだろう。「えっ、日本人です」と答える。その人から勝手丼のやり方について教えてもらう。ここではご飯は売っていないので、あそこにある店でご飯を買ってからここに来てほしいとのこと。指示に従いご飯を買う。サイズは4種類あり、私は普通サイズ200円にした。

 そして先ほどの店に戻って来てネタを乗せてもらう。ホッケ、タラの刺身をまず乗せてもらう。これがこの店のおすすめ品とのこと。ホッケの刺身は珍しい。そのほかにイクラ、甘エビ、アジ、サーモン、マグロなども乗せてもらう。売り子は「お兄さん、これもどうですか」といろいろ薦めてくる。カモと見られたようだ。結局あれこれススメられて乗せたので刺身だけで軽く1000円を超えてしまった。市場だから素朴で安く食べられると期待していたが意外と観光地価格になっている。その昔は北海道を旅するライダーが安くておいしい海鮮丼を食べるためにできたシステムらしいのだが、今では観光地仕様に変わってしまったようだ。

Dsc00093_r

 市場の一角にテーブル席があり、他の観光客とともに食べる。

Dsc00092_r

 ご覧のようなビジュアルで意外とボリューム感がない割に値段は1300円くらいになっている。これならば新宿にある「タカマル鮮魚店」のランチのほうがボリューム、値段とも上を行っているし、この市場の中にも食堂があり、同じくらいの値段でもっとボリュームのある海鮮丼が食べられるから、お得感だけを考えるとおススメはできないが、釧路に来たからには一度はやってみたいものであることは変わらない。皆さまも釧路を訪れた時にやってみることをおススメしたい。

2017年5月22日 (月)

「新緑の道東鉄路 歴史探訪2日間」の旅(和商市場まで)

​ 釧路製作所で1時間ほど見学した後、和商市場に向かう。バス車中では案内人の星さんが、釧路の街や鉄道についていろいろと解説してくれる。落ち着いた語り口で、鉄道に対する愛情が溢れ出ている。

Dsc00097_r

 バスは釧路駅前を通過する。星さんの話によると釧路駅舎は1961年開業で道内に残る唯一の民衆駅らしい。民衆駅とはかつて国鉄が地元資本を利用して建設した駅ビルで、内部にはステーションデパートなどの物販の店舗が入る施設だ。札幌、旭川、函館なども民衆駅だったが、すでに建て替えられている。

Dsc00099_r

 今は昭和レトロ感が漂う寂しげな施設だが、完成当時は最新の近代建築で、おそらく相当なにぎわいを見せていたのだろう。

Dsc00100_r

 そういったお店の中にはコイン商もあり、古い記念きっぷなども販売されていた。

Dsc00098_r

 自動券売機は1台しか設置されていない。過去にはもう1台あったようだが、撤去されたようだ。JR北海道釧路支社も併設される道東の代表駅だが、この程度の機器で間に合う旅客需要のようだ。

Dsc00090_r

 バスは和商市場の裏手で止まる。バスを降りたちょうどその路上には「官設鉄道釧路線」のプレートが埋め込まれていた。かつてはこのあたりに線路があったのあろうか。

«「新緑の道東鉄路 歴史探訪2日間」の旅(釧路製作所)